愛車を運転している時、「愛車を使用したままで直ぐ融資可」といった看板やポスターが目に付くことも多いはずです。こうした宣伝は、車を担保としてお金を融資するお知らせであることが多いと思います。車担保融資と呼ばれる言葉は、聞いたことがあっても、実際にどのようなローンの仕方なのか割と理解していない人も少なからずいるようです。車担保融資とは、それほどメジャーでないローンキャッシング方法ともいえると思います。車担保融資では、クルマを返済ができなくなった際の保障にすることで、自動車の現状の売値価格を出し、その価格の査定上限中で融資を基本として行っているはずです。車販売での査定と同じように、キズがある車や改造車である場合は、査定金額が低くなってしまうことがありますので車担保融資の時には覚えているといいと言えます。車担保融資は、「クルマ」という目の前に存在するするものを担保にする方法ですので、銀行などでローンができなくなった人でも簡単に査定範囲内でのローンキャッシングを行ってもらえるようです。さらに言えば、貸金業者でのキャッシングには色々な手続きの流れや審査がありますが、車という自分が保有する価値のあるものを利用して行うキャッシングですから、そうしたものが必要ないってこともあります。この頃では、自動車を担保としてキャッシングを受けても、担保にしている車を現状と変わらなく保持することが出来る車を利用した担保融資も増えてきていると思います。しかし、ローンキャッシングの弱点としては、クルマの評価額にローンキャッシングの上限額も左右されますから、持っているクルマによって、自分が望む限度額の融資を受けられないということもあると聞きます。自動車を返済に行き詰った際の保険にしますから、仮に返済が出来なくなったケースは、即座に愛車を手放さなければならないのも、弱点といえるかもしれません。車が生活で欠かせないアイテムである地域では、自動車を、担保とするローンキャッシングの仕方は、相当リスクがあるといえるかもしれません。