外国為替証拠金取引の経験がない方が相場の要を押さえるには実戦を積み重ねていく事が不可欠です。先に危険性を感づくようにするためには、へまを積み重ねることも体験のひとつです。言うまでも無く、負けたといっても、重大な失敗をする事は問題外です。取り戻せるぐらいのケアレスミスを何度か体験することが、自身のレベルを上げてくれるはずです。それを考えると、まずは少ない額でエントリーして、それで小さな失敗をすることをおすすめします。例えとして、100万円だけしか投資に回すお金のない場合深く考えずに100万円を一円も残さないで投入して注文するとミスした時永久に立ち上がれなくなってしまう心配があります。そのため、ひとつの例として少しずつ小分けしてトレードを行ない、これで売ったり買ったりを積み重ねた方が少しずつ失敗を埋め合わせる方策なども覚えるはずです。まずはじめに少額でトレードする事の良いところは先に記したように、取引経験を増やし損を制御する方法を覚える事にありますが、合わせて、売り買いの回数を増やして、リスクを少なくできるという良いところもあります。一例として、1回あたりのトレードで儲けられる可能性が二分の一だと考えます。すなわち、同じく5割の確率で損失を生む危険性もあります。勝率50%ということは2回に1回の率でプラスになる事を意味している。だけど、全てを注ぎ込んで1度だけの取引をするということは、明確な勝ちか、負けのどちらかになってしまいます。これではただ1度のギャンブルと同じです。つまり、全ての投資資金を投資して1回だけしか取引をしないとそれだけ損失が生じる可能性が高くなってしまいます。だからこそ、投資資金を1回にすべて投じるのではなく、いくつかに分割して回数を増やす事がリスク回避となります。数回に分けたとしても全部にプラスにする事は不可欠ではありません。正しく言うと、勝利する事が出来ないのが本当のところです。勝負で大事なのは勝ち負けの回数ではなく、どれほど稼ぐかです。勝ち負けが同じでも勝率3割でも利益を上げる事が出来ます。7割負けてもその損益が少額ならば少ない勝ちの利益の大きさでかなり儲けられます。そのためには、損を少なくして、儲けを大きくして心がけることだ。マイナスになったら即損失を確定してそれとは逆に利益を上げられる場合には大きく利益を上げることが、外為初めての方が外為取引で儲ける神髄です。