クレカを機能停止することそれ自体は全くもってたやすいことではありますが、機能停止する手続きを行う前に留意しておきたい何個かの注意点についても覚えておくとクレジットの解約などもスムーズに終わらせることが易しくなるでしょう。気をつけるべきことを整理しましたから是非参考にしてみてほしい。クレジットカード届け出後にいきなり使用取りやめを行ってしまうのは控えるべき⇒カード会社申請したそのあといきなりクレジットを解約を行ってしまうと悪質な顧客という風に取り扱い会社によって認定されてしまうということがあるのです(極端な想定ですが何回にもわたって登録→無効化というような作業を行ったケース)。よくあるのは契約成立時のギフト券のプレゼントを得る目的である加入のとき、ギフトカードやサービス・ポイントといった申請時の優待権の全てを味わい尽くしたので直ちに契約失効の手続きを行いたくなる考えも納得できます。とは言えカードサービス会社の見方より考えればずる賢い客においては決して組織の与えるクレジットカードを保有されて余計なコストを増やしたくないと言う風に結論を出すとしても当たり前のことです。そのため、たとえ登録特典を狙ってクレカをを作ったケースでも焦って契約解除せずに最低でも6ヶ月、365日が経過するまでは登録したクレジット自体を有効にして契約解除の電話はその後で行うことを推薦したい。加入時の限定特典に限定せずとりあえず登録してみたけれども使いにくいから早く解約したい・・・などという時でも、最少でも発行してから半年経過するまでは手元のクレカを所有するようにしておいてください。クレジットを受け取る側が何となく思っているよりクレジットカードという品物を確認作業等を含めて準備する用の人件費というものはかかるものですので、ほんのちょっぴり手間を減らしてあげよう・・・などというように少し気を遣って下さるのならお互い気持ちよくなれるでしょう