車を運転している時、「クルマを使用したままで直ぐ融資可」という掲示板やポスターが偶然見かけることも多いと思います。これらのお知らせは、自動車を担保として融資する広告群であることが多いでしょう。車担保融資と言われている言葉は、耳にしたことがあっても、具体的にどういうローンキャッシングの方法なのかあまり理解していない人も少なからずいるのではないでしょうか。車担保融資とは、それほど世の中に浸透していないキャッシング方法ともいえるかもしれません。車担保融資では、車を返済に行き詰った際の保険にすることで、クルマの査定を行い、その価格の査定上限内でローンキャッシングを行うようです。一般のクルマ買い取り専門店での査定と同じように、古い車や事故車である場合は、査定評価が安くなってしまうことがあるようですので、車担保融資の場合には意識しておくといいはずです。車担保融資は、「車」という形があるのものを保険として抑える方法ですので、消費者金融などで借り入れがストップしている人でも即日、査定額内でのローンキャッシングを行えます。また、銀行や貸金業者での融資には様々な手順や厳しい審査などがありますが、愛車という担保を使い行うローンキャッシングですから、そうしたものが不要ということもあるようです。最近では、自動車を担保として融資を受けても、今まで通り利用することが出来る車担保融資も増えてきています。但し、ローンキャッシングの弱みとしては、車の査定額にローンの額も振り回されますから、乗っている車によって、自身が希望する額のローンキャッシングを受けられないということもあると聞きます。自動車を返済に行き詰った際の保険にしますから、もしも返済が滞ってしまった際は、直ちに車を明け渡さなければならないのも、欠点となります。愛車が生活の必要アイテムである世帯では、クルマを、担保とするローンの仕方は、随分危険があるといえると思います。